BGbUck2c7Q5abmy1642160828_1642161298
2018年4月中旬頃から現在まで、広島県広島市のJR貨物 広島車両所に留置されていた、元吹田機関区所属のEF66 30号機ですが、本日車両解体されていることが明らかとなりました。

【解体中のEF66 30号機】(外部ツイート)

著作権法、Twitterの利用規約の範囲内で掲載しています。
なお、掲載にあたりご意見がございましたら、この記事から上記の埋め込みツイート(外部リンク)を削除させていただきます。

2018年4月18日に、JR貨物 吹田機関区から同広島車両所へ無動力の状態で回送された、EF66 30号機。当該回送のけん引機は、同じ0番台の27号機でした。回送後は、同所や岡山機関区の訓練機としても活躍しました。

2018年、2019年に「JR貨物フェスティバル」でも展示車両として公開されていました。
特に、2018年の公開時、再塗装された状態での公開となり、また公開用の掲示物には、「広島車両所塗装職場における、若手署員の記述工場のために化粧直した」との記述も見られたとか。


PwLo6O0XXQjCa3c1642162852_1642162904
振り返ってみると、私がEF66 30号機最後に撮影してからもう7年経っていたとは。
時代の流れが速いですね。